喫茶去

魅惑の雑貨紀行 in ベトナム 【第3日目・ベトナム最終日&出発編】

昨日と同様に早く寝たため、早起きしてしまった二人(笑) 何故かとっても
健康優良児です(爆) 昨日食べたフォーが気に入ったので、普通にご飯を食べた後、
フォーも食べることにしました。姉さんは「お粥が食べたい!」とこちらも普通に完食♪
食欲が満たされたところで、ベトナム最終日を楽しむために出かけることにしました。


ホテルの無料バスで、市民劇場(オペラハウス)まで行き、第一の目標である
国営百貨店に向かいました。


国営百貨店の中は、結構広いのですよ♪
d0003057_2057307.jpg








ここでは買い忘れていた土産を購入するために再度訪問。姉さんもお土産を
物色し始めたので、私も買い残しのお菓子(笑)と、
ここで目指すのは、

シルクのスカーフ!!(喜)

ドンコイ通りのスカーフは良い値段だった(それでも日本よりは安い)のですが、
国営百貨店はもっと安いと言う情報を聞いて捜索することに(笑) 3軒周ってみた
ものの、なかなか気に入るデザインがありません。知人が訪れたのは5年前。
すでにデザインが変わってしまったのかと諦めかけた頃、

「お姉さん、これ安いよ♪」

まったくベトナムの人は「安い」という言葉しか知らんのか?(汗)
こうして関空のDFSのように再捕獲 (涙) そしてスカーフを手に取ることに
なるのですが、ここのデザインは透かし模様が入っていて、探し求めていた
ものに近いのです!

私:これ全部シルク?
店員:はい、全部シルクね。安いね。

だから「安い」の連呼はいらないよ(汗) ここからが正念場の値段交渉(笑)
ガイドブックやネットに
「日本語が分かるので、初めから安いと言ってはいけない」そうな(笑)
最初から「高いよ~」と言って、数枚手に取ってかなり安い値段を伝える。
きっとその金額でも、彼らにとっては十分すぎるほどだと思うのですが、
なかなか彼らは「うん」とは言わない。お互いに微妙に上げ、微妙に下げを
繰り返し、私が折れる形で交渉成立。それでも1枚400円になったのは嬉しい♪
大阪のオバちゃんなら、もっと値切って成功するのだろう(爆)


姉さんを探してみると、こちらもお土産用のヘアアクセサリーを交渉中。
「もう少しまけて」と交渉するも、店員さんの親分さんが首をタテに振らないため、
店員さんも「うん」と言えない。そこで私が、

私:何かオマケしてもらったら?

その日本語は、店員さんと親分さんに微妙なニュアンスで伝わったようで、結果的に
交渉成立となった。それでも3~4個で数百円というのは美味しい。オマケとして
付けてもらったのは「しおり」で、ほとんどの店で$1で売られていたものです。
彼らにとっては、精一杯のオマケだったのだろうと感謝♪
配布用のお土産を購入するなら、国営百貨店はオススメできます。なんでも
揃っているし、何より「安い」です(爆)


雨上がり後の町並み。
d0003057_20593922.jpg



そしてお昼時間も近くなった頃、朝食をたっぷり食べてあまりお腹が空かない私たちは、
お昼ご飯を食べるかどうか迷いました。

姉さん:「マンダリン」に行ってみない?

「マンダリン」は雑誌に載っている有名なお店で、おまけに姉さんの友達が「美味しい」と
太鼓判を押してくれています。お互いに空腹ではないのですが、行ってみたい気分アリ。
私も気が進まなかったのですが、せっかくの最終日ということもあって、思い切って行って
みることにしました。


ホテルに荷物を置きに戻り、身軽になったところで「マンダリン」へGO! バイクや車が
土煙をたてながら走る道路の横を、口を覆いながら「マンダリン」目指して歩きます。
ところが道路と地図の道が一致せず、間違って1本北の道を進んでしまいました。
地図と通りの名前を見比べ、マンダリンを目指します。ところが、

めっちゃ、裏道に入ってるやん(汗)

姉さん:ホンマにこの道を、あの子一人で行ってるのかなあ?

確かに女性一人で歩くには、ちょっと怖いような気がする道です(汗) 少し進んで行くと、
道の両端にお店が何軒が並んでいるのが見えてきました。しかも「楓」という名前の
スナック(!)もあるし(笑)

あったー、マンダリン!!!(喜)

隠れ家のように黒っぽい建物で目立ちにくいですが、確かに看板は「マンダリン」(笑)
早速入ろうとしましたが、メニューの値段をチェックしようとすると値段が載っていません(汗) 「揚げ春巻きが美味しいと言ってたぐらいだから大丈夫だろう」と、店員さんに促されるまま
2階へと入りました。メニューを手渡されると、セットメニューしかないとのこと。
メニューを見てみると、

結構高いっっっ!!!!!(驚)

$40以上するのもあれば、一番安いもので$35。ランチでこの値段は痛いよ~(涙)
すでに飲み物を注文して飲んでいるため、「やっぱりいいです~(汗)」なんて、出てくる
勇気はないっっっ!!!値段に驚愕しながらも、腹をくくって一番安いセットメニューを
注文する。そして出てきた料理は、なんとも美味しそうな料理だった♪


しかし完全な空腹でない私たちにとって、この量の食べ物を全て収めることは
出来なかった(涙) 泣く泣く野菜(何かの芽?)のみの1品だけあきらめ、デザートの
プリンを食べて店を出ることにした。

完全にお腹一杯で動けませんっっ!(爆)

これで姉さんと協議の結果、少しでもカロリーを消費するために、北上と南下を
繰り前して、ホーチミン市内を1周しようとした。私的には動くのも困難でホテルに
帰りたい気分であったが、この重い体で帰るのも嫌だったので、頑張って歩くことに
した(嗚呼)

日本と同時期に公開していた「ハムナプトラ3」。
英語原題は「Mummy」。ここでは「母」ではなく「ミイラ」と言う意味です(汗)
d0003057_2122136.jpg



バイクが闊歩する街。
向かいにあるのは、有名なアイス屋「ケムバクダン」。
ホーチミン市内で、どこからでも頑張って歩ける距離でした。
d0003057_2133211.jpg



ここで向かったのが「センスパ」。これまた雑誌に載るほどの有名なお店で、市内で
配っているフリーペーパーにも名前が出てくるほどのお店である。エステモード爆進中の
姉さんにとって、探りを入れたいのが本音(笑) ちょうどホーチミン1周の線上にあるので、
寄ってみることにした。


「センスパ」が入っているビルは、1階に家具屋さんが入っていた。とてもお洒落な
家具ばかりで、出てくる人をタクシーの運ちゃんが網を張っている(笑) 10階の
センスパに到着し、マッサージをしたいと聞いてみると、

店員:今日は団体のお客様がいらっしゃるので、予約されてない方はダメなんです(驚)

さすがフリーペーパーに名前が出るセンスパ。ここまで繁盛してるとは!!
おまけに先日行ったアナムQTスパと違って、内装の雰囲気がとても良い感じ♪
おまけに日本人スタッフも常駐していて、あきらかに日本人の客が多いとみえます(笑)
残念がる姉さんは、

姉さん:メニューリストもらえますか?

と、ちゃんと情報収集をしようとする。この気持ちは尊敬に値します(笑)
リストをチェックすると、アナムQTスパと同様の4時間コースが微妙に高い!
内容が違うと思うのですが、お値段的にはアナムQTスパの方がGood!!


次回ための情報もゲットし(次も来られるのか?/汗)、再度腹ごなしにホーチミン市内
1周の旅へと向います。ここでも姉さんはとても元気。私は苦しさの余り、話すことも
出来ません(悔) 姉さん、本当にいろんな意味であなたを尊敬します!!(笑)


散策途中、スコールが降りそうな黒雲が出てきたため、慌ててホテルに戻ることに
しました。最終パッキングを行い、チェックアウト時間が近づいたため、フロントで
チェックアウト。しかしこの後、ガイドさんのお迎えまで2時間以上もあるのです(涙)
すでにランチでお腹一杯になった私たちは、晩御飯を食べるのをやめ、再度夜の町を
散策することにしました。しかしお店は閉まっていたりで、開いてる店はジモティの
憩いの場ばかりです。そんな時、ふと入ったホテルのフロントでは素晴らしい演奏を
聞くことが出来ました。
d0003057_2144495.jpg



演奏を聞き終わったあと、早めにホテルへ戻ることにしました。ここでもピアノと
バイオリンの素晴らしい演奏が♪ 曲目も「蒼いうさぎ」「上を向いて歩こう」などなど、
日本人に馴染みのある曲ばかりです。やはり我々への別れの曲なのでしょう。
余りのすばらしさに、思わず拍手♪
d0003057_215950.jpg



そしてガイドさんが迎えに来たバスに乗り込もうとしたところ、スコールが
やってきた!!!(驚) この雨は空港までの30分少し、ずっと降っていました。
最後の最後で雨ですかっっ!(泣)
d0003057_215374.jpg



空港で荷物を預け、出国も無事に済ませ、飛行機に乗り込みます。ここから日本までは
5時間のフライト。十分寝る時間があるなと思った時、

乗務員:着陸の2時間前に、機内食のサービスをさせていただきます。

えぇぇっっっ???睡眠3時間のあとに朝食ですかっっ?????(涙)
はは、恐ろしい現実です。すでに離陸前からみんな爆睡です(笑) そうこうしているうちに、
私も夢の中へと突入(爆) そして・・・・・

ガタンッッッ!!!!!

びくっと目を覚ますと、機内食のサービスがすぐ目の前まで迫っていました(汗)
ここでタイミングよく目を覚ます二人(笑) とりあえず機内食をもらって食べ始めますが、
まだ夢の中にいるため、話すこともせず、味わうこともなく、もくもくと食べていきます。
あぁ、味が無い(涙) 1/3ほどの人は食べずに無言で寝ている始末。食べ終わったら、
再び夢の中へ・・・・・(笑) すっかり写真を撮ろうなんて気力なし(爆)
そして数時間後。無事に関西空港へ到着。日本に降り立った感想は、

めっちゃ寒いっっ!!!(笑)

ベトナムへ旅立つ前は、あんなに暑かったのに。ベトナムでもあんなに暑かったのに(笑)
それなのに、何故この時期の日本は涼しすぎるんだっっ!!(ベトナムへ行ったのは
8月半ば過ぎ)
無事に入国手続き諸々を済ませ、短かった旅は終わりを告げたのであった。
家に着いてから荷物を片付け、知人にスーツケースを返しに行った。それから午後は
爆睡(笑) 明日からの出社に影響は出ないだろうかと、少し心配になった。
(会社では居眠りもしなかったけど/自慢)


「ベトナムに行ってきた」というと、みんなに「何故?」と驚かれた。確かにアメリカや
ヨーロッパみたいに、お洒落な町ではないかもしれない。でも、これから多方面の
活躍の可能性がある国なので、今後の発展に期待したいと思う。


レート:2008年8月現在、1円150ベトナムドン

d0003057_2165219.jpg

[PR]
by florapictures | 2008-10-18 21:06 | travel
<< 魅惑の雑貨紀行 in ベトナム... 魅惑の雑貨紀行 in ベトナム... >>



日々の思いを綴っています。時々写真も載せています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧